テーマ:ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに

そして、私は、タイに残った、タイ人妻まで得て。

 チェンライに来てボランティアをされていたリーダーは、約25年の活動は盛況で、 今年は、チェンマイで、ご挨拶に伺う機会がなかった。 ボランティアの兄も来なくなった。 兄は、亡くなったのであった。  だから、今年は、リーダーに会えなかったし、兄も来ない。 ガタッとさびしい。 ひとり取り残された寂しさだ。  兄によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイに戻ってから、週に一度、妻と日本食堂へ

 戻ってから3週3回、妻と日本食堂に行きました。 糖尿病のため、自炊していたのですが、徳之島で 日本食三昧してきたのですが、検査の結果、良くなっているとのことでした。、  自炊中心ながら、これからは週に1度は外食しようと思ったのでした。 妻は乳癌で昨年、ひとつの乳房を切除。  わたしも、美味しいものを食べなければね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」21、バイクの購入と事故の対応

  バイクの購入。1台目は、付き合ってもらった。 2台目は、友人の買い物であり、付き合ってもらった。 3台目、これは、自分の2台目になるが、ひとりで購入することが出来た。 スクーター、バーグマン200ccである。  車の接触事故&バイクの転倒事故の時、先ずは、彼女に電話。 彼女が保険屋に連絡し、警察対応も彼女がした。 約…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」⑳私に付き合って11年目、彼女は幸せであろうかー。

  彼女は幸せを感じているかって?。 それは、分かりません。 私は、私自身、これは流れだろうと思っています。 タイに暮らして、何も心配していません。 迷子札の緊急連絡先は彼女です。 外国旅した時も、同じです。  私の心配事は、彼女が先に、いなくなった時のことです。 もう、彼女みたいなのは見つからないだろうーと思っていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソムタム物語⑲彼女はリサイクル事業に転身

  彼女は。これまでの仕事で服の販売、健康食品の販売をやってきたが、勉強したのは、倒産したら債権者の、これまでと違う強引な反応だった。 健康食品の委託販売では、燕の激減やらで商売が立ちゆかなくなった。 今度は、リサイクル業への転身です。  親戚の事業主の指導で、業界の講習に何泊かして学び、土地を探し、ごみ集め、選別、幾分固形化…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はぴん川、なまずのエサに」その⑱ラオス友好橋シャトルバスで小型バッグの盗難

  弱り目に祟り目でなく。全てがラッキーでした。 ホテルの食事は質素なものであった。 注文は、規定の量の3分の1だ。だから金額も3分の1だった。 だが今朝は違う。大きな皿で、いっぱいのご馳走がある。 「間違ってるよーと声を掛けたら、「あんたのだー、私の個人的なおごりだー」と 食堂担当ボスのお言葉である。 私は、胸が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はぴん川、なまずのエサに」その⑰ラオス友好橋シャトルバスで小型バッグの盗難

 日本語を独力で学ぶ親切な人に出会った。 昨夜の夕食は食べました。 今朝の朝食は、ホテルのアメリカンです。 金に限界があるので、あとの2日は、水分補給ぐらいしか出来ません。 ホテルオーナーの孫と話しをする機会がありました。 彼は、日本語を独力で勉強してるとのこと。 私は、自分の状況を話しました。  [そーかー、じゃあー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はぴん川、なまずのエサに」その⑯ラオス友好橋シャトルバスで小型バッグの盗難

   ラオス、イミグレ前の代書屋の知恵。 朝、くだんのタクシードライバーが、ニヤリとした目つきでやって来ました。 ビザ申請にイミグレに案内すると言います。 気持ち悪かったのですが、どのみち行くことなので、乗って行けば、代書屋に連れて行き、 この人は、タイの係官、申請と同時に、ビザのハンコが押され、明日、取りに来なくても良い、今日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はぴん川、なまずのエサに」その⑮ラオス友好橋シャトルバスで小型バッグの盗難

  外国の地で恐怖の金欠。 外国の地で金がなくなると、気温は熱くても身は震えます。 10年前、ラオス友好橋のシャトルバスで小型バッグの盗難に遭いました。 バッグの中身は、瓶ずめの健康飲料とカメラ機材に下着類です。 貴重品は身に着けていました。たぶん、少しばかりの重量なので、カメラ本体とでも思ったのでしょう。 バスに乗る前に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソムタム物語[骨はピン川、ナマズのえさに」⑭彼女からの通告

   付き合ってから4、5年がたちました。 「ソムタム、私の家は金持ちでない。ソムタムが病気になったりしても面倒は見られない」。  疲れた表情で言いました。別れましょうーとのシグナルと感じました。 うむ~、これは彼女自身が私に対しての見下り半かー、 或いは、これから起こり得る年老いた外国人の不慮の事態に備えての家族の心配による家…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソムタム物語[骨はピン川、ナマズのえさに」⑬祖母

  以前、祖母について書いたことがありますが、 振り返ってみますと、生前、元気な時に何回か会いましたが、 既に、87歳からボケ老人になっていました。 彼女の声に少し反応していましたが、93歳で亡くなりました。 祖母の家には24時間の専門介護人が付いておりました。 入院すれば介護人を、もう一人雇いました。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソムタム物語[骨はピン川、ナマズのえさに」⑫こと、金。頭脳がフル回転。

彼女曰く「ソムタム、タイ人は金を持っているよー」です。 また、別ごとながら、「タイ人は自分勝手で常識持たないが、こと、金のことになると頭いっぱい、フル回転させるよー」である。 その例を一つご紹介します。 日本人でタイ人妻を持つ彼は、家の近くで約400坪の畑地を買いました。 長年、稲田だったんですが、購入契約が済み、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソムタム物語[骨はピン川、ナマズのえさに」⑪彼女から20万バーツを借りた。

 彼女と知り合って4,5年が経ち、シーズンステイで再びチェンマイに来たら、1ヶ月後には、15日毎に、メーサイ詣をしなければならなくなっていました。 ラオスへの飛行機にしろバスにしろ、いやー、面倒くさいことになっていました。 それなら、年間ビザを取ってしまえと思ったんですが、手元には60万バーツしかありません。分かっていれば、年金受領…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」⑩生ぬるいお風呂

  ギャーッと風呂場から声が聞こえた。 何事ならんかと駆けつけてみると浴槽のお湯に手を入れたらしい。 熱い、熱いとヤケドの叫びである。 私のあと湯なのだが、熱湯にしてしまったかなと、恐る恐る手を入れてみると ぬるい。でも彼女には熱かったようだ。 皮膚を火傷しまくった恐怖の叫びであったのだった。   それから、3年後、今で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」⑨チェンマイに移住の決心!そして、4年後、大後悔」。

  チェンマイに来て、3年が経ちました。 良いとこ取りのシーズンステイながら、チェンマイは、何たる青空、澄み切った空気、雨季でもどしゃぶりの雨が通過したら、より澄んだ青空になり、白い入道雲の先端に太陽の光があたり、真っ白なまぶしさ。 うわ~、これじゃー1年中、遊べる。 そして、彼女も見つかった。 ラジコン飛行機飛ばしも出来る、広…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」⑧父母兄弟にご挨拶。

父母兄弟にご挨拶。 1男3女。彼女は言いました。 「ソムタム、私の家は金持ちではない」 エッ、自動開閉の扉付き門に住んでいるのにー。 「母が私を大学に行かせてくれたことに感謝している」と涙ぐんだ。 父母ともに公務員。子供4人、いずれも大学にいった。 そりゃー、金ないわー。 土地付き家は、学費のために売られた。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」⑦車の購入、月賦で彼女名義、支払いは勿論、私

 車の購入です。 彼女の車に4、5年乗っていました。 「いいよ、いいよ」と言ったって、迷惑にも限度ありだし、男のコケンにも関わる。 よし!。車を買おう!。 だが、お金がない。 ないけど欲しい。私は彼女に相談しました。  そのころ、ラジコン飛行機のモデルはどんどん大きくなっていました。 買いたい車は、大き目の3リッター車…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」⑥タイ人の正月、ソンクラーン。

  多くの人が帰省します。彼女の実家も同じです。 親戚もチェンマイのソンクラーンを楽しみにやってきます。 水かけ合戦の喧騒からかけ離れた個人宅では、 親子兄弟姉妹や連れ合いが、その家の父母からのダムファアをうけます。 香料の入った水をパラパラかけてもらいます。  長老への祝福やら長老から長生きの健康とかを分けてもらいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」⑤ 普通の女に出会いたい」。

  普通の女に出会いたい。   11年前、ボランテアでタイ国チェンライを訪れ、チェンマイ、バンコク1週間を体験し、気に入ったのがチェンマイ。 チェンライは山間で寂しく、バンコクは、排ガス臭気、騒音、混雑。 チェンマイは、人の顔に笑顔があった。 面白がって、無理やり、カラオケ屋に連れて行かれ、掴まされた。 ポチャポチャの可愛い子…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」④ 彼女のアドバイスの意味とは何ぞや。

彼女のアドバイスの意味とは何ぞや。。 「ソムタム、ここはあなたにとって,ここは外国、だから、わたしが保護する。 危ないことは教える」と彼女は告げました。 実は、コレ彼女にとって、意味深なんです。 般若の面 ? 更に、もうひとつの言葉。 「日本人は、タイ語が聞こえない、発音も正確でないから意味が通じない、だから勉…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」 ③温かいのは、金、身体、心?

 温かいのは金、身体、心?  会ってから1週間ほどが経ちました。 寝ころがった腕の中で、[ソムタムは温かい]と彼女は呟やきました。 どおゆう状況が彼女のこれまでにあったかは知りません。 さようかー。。。 私は年寄り、身体は冷えとるぜー。と思いきや、 男子の身体は女子よりポカポカ温かいに違いない。  「ソムタム、ここはあ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」 ②思い出のグッドビュー。

   思い出のグッドビュー。 次の日、彼女がやって来ました。 私はホテル住まいなのですが、どーゆうわけかホテルを探しに行きました。  若い時、自宅じゃなくて、ラブホテル行きでしたもんねー、習性がそーさせたのかも知れません。 チェンマイオーキッドとかチェンマイラムとか、そーいったところを時間割で打診しに行ったのでした。 とど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソムタム物語「骨はピン川、ナマズのえさに」 ①彼女との出会い。

彼女との出会い。 出会いは人それぞれ。   私の場合は、何てこともない死に場所求めてのチェンマイ紀行。 リンピンスーパーで、化粧石鹸を買った時のこと、「この女性写真の石鹸は男子でも使えるか」と、店員に尋ねたら、「ア、ちょうど英語が話せる人が来た」と 紹介された彼女は、年の頃、45才か50を越えたかも知れない人で …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more